2015 年春

Tanjung Manis 港(マレーシア)の拡張

Tanjung Manis 港(マレーシア・サワワク州)は、施設を増設するための拡張工事の真っ最中です。 古い桟橋を大きな桟橋に架け替えて、ダブルバースを設置します。 ラジャン川に喫水量が深い船舶も入れるようになるため、船舶による河岸の浸食を防ぐために TenCate ジオシンセティックスが使用されます。 

ラジャン川は、Tanjung Manis を含む南西地区を流れ、最終的に南シナ海に注いでいます。 全長 560 km のラジャン川はマレーシア最長の川です。 130 km 内陸にあるシブまでは、遠洋船舶も川をさかのぼることができます。 それ以降は水深が浅くなり、そこから 160 km は喫水量の浅い船舶しか航行できなくなります。  

1 geosynthetics tanjung manis 04662

Tanjung Manis 港は、海から約 30 km の地点にあります。 コンテナターミナルがあり、遠洋漁業用の埠頭や施設があります。また、石油、ガス、化学薬品(OGC)を運搬するための桟橋も設置されています。 OGC 用の桟橋は新しい大きな桟橋に架け替えられ、2 つのバースが設置されます。バースはそれぞれ 200 m の長さで、喫水量の深い(12 m)船舶も停泊できる水深があります。  

1 geosynthetics tanjung manis 04695

大型船舶はうねりが大きく、河岸の浸食を引き起こします。このため、TenCate ジオシンセティックスを使用して土手の浸食保護を強化します。 河岸に沿って、長さ 25 m の TenCate Geotube® ユニットを設置し、砂を詰めます。 

1 geosynthetics tanjung manis 1705

このユニットは材木いかだの基礎になり、ジオテキスタイルの浸食防止層で覆われます。 TenCate Geotube®「先端堤防」は、傾斜の急な河岸に設置する護岸の脚部になります。 この護岸は、砂を詰めた平行な TenCate Geomattress™ ユニットで構成されます。

1 geosynthetics tanjung manis shoreline

txtures 1 cover