2015 年春

スポーツ向け複合材

TenCate 熱硬化複合素材、熱可塑性複合素材、樹脂システムの代表的な用途は、航空機や衛星など、連続生産される大型構造物です。 より小さな製品ポートフォリオとしては、スポーツカーやレーシングカーの素材、さまざまなスポーツ用品が該当します。 
 つまり、軽量、剛性、耐久性が求められるスポーツ分野がメインターゲットです。 例えば、F1 レース、バイクレース、自転車競技、ゴルフ、テニス、ボート競技、ホッケー、ランニングなどです。 

1 composites alfa

現在、自動車向けの複合材の収益が順調に伸びています。 TenCate のカーボンファイバー熱硬化複合プリグレグ素材は、Alfa Romeo 4C(写真)のモノコック全体に使用されています。 さらに、TenCate はスイスの Kringlan Composites と共同で、熱可塑性複合材を使った自動車部品を製造しています(下の写真)。 ホイールなど、安全性と軽量化に貢献するハイグレードコンポーネントが中心です。 複合材を使ったホイールは、通常のホイールより 25 %以上も軽量です。 

1 composites kringlan
自動車用途での複合材の使用は、Superbus や太陽/風力エネルギーを利用するデモカー、試作車、完成車でその効果が実証されています。 例えば、DUT Racing Team や Team Antarctica の車両、Go4Dakar、トゥウェンテ大学の REDEngine(下の写真)、Anemo 風力自動車、NovaBike モーターバイクなどがあります。 こうした合成素材は極地でも熱帯気候でも効果を発揮します。 複合素材は腐食や衝撃に強く、極端に高い気温や低い気温にも対応します。 

1 composites solar team twente

写真: Jerome Wassenaar

あまり知られていませんが、自転車のハンドルバー、インラインスケート、テニスラケット、ホッケーのスティック、スケート、自転車用ヘルメット、アスレチックシューズにも、TenCate 複合材と樹脂システムが長年にわたって使用されています。 熱可塑性複合材は、シューズやその他のスポーツ用品の軽量化に貢献し、弾性や耐久性を高めます。 

1 composites paddel kialoa

カマリロ(米国)とバーリントン(カナダ)の TenCate Advanced Composites 施設は、スポーツ業界にこうした素材を供給している重要なサプライヤです。 

1 composites sports shoe 1

txtures 1 cover