2015 年春

航空宇宙:大望と革新

TenCate Advanced Composites は、他社と共同で北京の「航空機の製品ライフサイクルにおける軽量素材の研究、開発、使用」セミナーを開催しました。 Henk Kamp 大臣は、オランダの航空宇宙部門と中国への付加価値を確保するために力強い支援を表明しました。 「航空宇宙産業に対する中国の野心的な目標は、オランダ航空宇宙産業の革新と完全に一致します」 

2015 年 1 月 27 日、北京オランダ大使館での D2RAGON プログラムの一部として、初の PIB 中国航空機セミナーが開催されました。 このプログラム名は、Dutch Development & Research in Aeronautics supported by Government Organized Network in China(中国の政府主導ネットワークがサポートするオランダの航空関連の研究・開発)の頭文字から取っています。 PIB China Aviation は、オランダ政府が企業グループと知識団体による新たな市場開拓を支援する国際ビジネスプログラムのパートナーです。 

オランダと中国は、航空宇宙の分野では互いに知らない仲ではありません。航空機製造、インフラストラクチャや施設面で約 20 年にわたってコラボレーションを維持してきました。 大臣は、このコラボレーションとパートナーシップを拡大することがオランダ航空宇宙産業の大望だと述べています。 中国の航空宇宙産業に関する明確で野心的な目標は、「オランダ航空宇宙産業の広範囲にわたる航空宇宙の統合、研究、開発インフラストラクチャと革新を追求する姿勢」と完璧に一致します。 

1 raoul starmans

Raoul Starmans

「オランダ航空宇宙産業の強力なネットワークを示したことで、参加企業は互いの強みを持ち寄ることができます」 - Raoul Starmans(TenCate Advanced Composites/Greater China ビジネス開発マネージャ)は、この会議の重要性を総括しています。 「リソースを統合することで、中国の民間航空会社に私たちの製品を印象付けることができます。 中国では、政府間ネットワークと合意が極めて重要です。 TenCate の熱可塑性素材は、オランダの素材および加工技術を中国の民間航空産業に売り込むための重要なポイントになります」 

txtures 1 cover