2015 年夏

人工芝を社会的プロジェクトに

Grass グループは数多くのプロジェクトに取り組んでいますが、その目的は営利的理由だけではありません。社会的責任も同じように追求しています。 例を 2 つ挙げると、アフリカの FIFA Football for Hope プログラムと、当初インドのために生まれた Field out of the Box コンセプトです。 スポーツが、主に人工芝とタッグを組むことで、世界中の社会的発育プログラムのための必須手段となることが明らかになりました。 

GreenFields は、最近完成した FIFA Football for Hope プロジェクトの一部です。 20 のセンターを 2010 年までにアフリカの恵まれない地域に。 このプログラムのアイデアは、アフリカの Football World Championship(2010 年)から生まれました。 目的は、その年までに 20 の人工芝グラウンドを、アフリカ大都市の恵まれない地域に敷設することでした。 この背景には、子供や若者たちのために安全なフットボール競技環境をつくり、より良い未来をつくるために役立てたいという考えがありました。

grass field of dreams 2468

Football for Hope グラウンド Molagakwena

20 x 40 メートルの人工芝グラウンドは、FIFA ボードも含めて、コンテナで運ばれました」と、Miranda Laseroms (GreenFields セールスマネージャ)は言います。 「敷設は地元の工事会社の協力のもとに行われました。 私たちは、誰も知らない明日のスポーツスターの将来に視点を示し、このような積極的な貢献ができて幸せです」 医療施設と活動スペースを備えた小さなセンターが複合施設の一部を形成する 

grass field of dreams hendrik rwanda

Football for Hope グラウンド Kimisagara

ときにはコンテナを縦に置いて、オフィスや着替え室として使用しました。 これら 20 ヵ所のスポーツ施設が完成しましたが、予定日をずれ込みました。 Football for Hope フィールドはケープタウン、ナミビア、ルワンダ、今後、ケニア、モザンビークなどにあります。


Football for Hope グラウンド

txtures 2 summer 2015 cover