2015 年夏

ラングレーミル: 優れた熱硬化性

TenCate Advanced Composites のラングレーミル工場(英国・ノッティンガム)は、熱硬化性素材と熱硬化系のヨーロッパで卓越した研究拠点になるしょう。  工程と製品の点で、ラングレーミル施設の技術レベルは、モーガンヒルとフェアフィールド(米国カリフォルニア州)の姉妹会社と同じになる予定です。  

計画的成長を考慮すると、投資の対象は新製品や樹脂系だけでなく、生地と UD テープに基づいた素材の新たな生産およびキャパシティの手段も対象になります。 これらの素材が利用される市場は、F1 レーシング、自動車市場や工業市場のように、TenCate Advanced Composites UK が何年間も活躍してきました。 今後は、ヨーロッパの航空宇宙、衛星およびレードーム市場にもより対応できることでしょう。 モーガンヒル(米国)で製造されている航空機業界向けの数多くの素材の生産はここで実施される予定で、関連する認定プロセスが現在進行中です。 同時に、これらに基づいた英国の工作機械システムは、米国に設置されます。  

langley mill excellence thermoset

ラングレーミルの生産エリアは、さらなるキャパシティと機械装置に対応するために大きく増設される予定で、従業員数の増加も考慮されています。 当製造会社は、航空宇宙市場によって製造環境に課せられる厳しい要求に従った組織構造になります。 TenCate Advanced Composites のイギリス工場の拡張と近代化は、2015 年末に完了する予定です。

txtures 2 summer 2015 cover