2015 年夏

ボーイング 787 ドリームライナーで空を飛ぶ: 「パワフルなフィーリング」

Roderick Waaijenberg がボーイングドリームライナーで空を飛んでいます。 TenCate Advanced Composites はこのタイプの航空機向けに複合素材を供給しています。 「キャビン圧が高いおかげで、飛行中はずっと快適です」

Roderick Waaijenberg が空を飛んでいる新型のボーイング 787 ドリームライナーは、持続可能で革新的な飛行機です。 各フライトが始まる場所。スキポールの WTC にあるアークフライの乗務員室は、各フライトが始まる場所です。 乗務員たちが集まり、フライトチームのメンバーがお互いを知り合う場所です。 「ここで私たちはフライト計画を立てて、フライトの準備をします。 それからクレートへ向かいます。当然、王立保安隊や保安管理を通ります。 準備は航空機の中へ続きます。コックピットで私たちは航行システムのルートに入り、その間にキャビンクルーは乗客の搭乗を世話しています。 乗客が搭乗すると、出発の準備が整います」 Roderick が滑走路に入るといつも、少年時代の自分が現れます。 「さぁスロットルを開こう。 この音がたまらない! 身体がシートに押し付けられ、上昇して、およそ 200 トンの機体とともに空に飛び立ちます。 このときのパワフルなフィーリングはとてもすばらしい」 彼は、乗客のいない機体で初めて空を飛んだときのことをはっきりと覚えています。 「とても興奮しましたよ。 初めて乗客を乗せたフライトも同じでした。 それから私は、急にパイロットとしての責任を意識しました」 

composites boeing piloot 2

ドリームライナーは、Roderick Waaijenberg(写真)が昨年末から飛び続けてきた飛行機です。革新的な飛行機である理由の一つは、複合材の採用にあります。 「これらは信じられないほど丈夫な素材です。ドリームライナーの機体に使用することで、外気圧と機内圧の差をより大きくできます。 いわゆる機内高度(機内で認識される高さ)が低いことを意味します。 結果として、飛行中の乗客と乗務員の負担は小さくなります。 さらに、ドリームライナー内蔵の空気湿度システムにより、機内の相対空気湿度は他の航空機より若干高くなります。 「機内圧が高く空気湿度が良くなるので、機内の環境が向上し、乗客たちはよりさわやかな気分で目的地に到着できます。 さらにこれは乗務員の快適さにもプラスします。 実際に感じることです。 ドリームライナーで飛行してからは、とても快調です。 頻繁に利用する乗客も同様のことを言っています」 他にも、採用した素材が腐食や疲労に強いため、メンテナンスコストが少ないというメリットがあります。 「これは主としてアークフライにとってのメリットです」彼は続けます。「しかし、現在利用可能な最高の素材が使用されていると考えると、心強く感じます。 それは安心感に貢献します。 ドリームライナーの制御システムは革新的でもあり、私の考えではとても直感的です。

composites dreamliner 006

アークフライのボーイング 787 ドリームライナー

「私は自分の仕事にとても満足しています。 乗務員はフライト毎に違い、目的地はいつも変わり、気象状況は時には予測できないので、常に新鮮みがあります。 そして人々を休暇旅行先へ送ることができるのは喜びです。 乗客たちはボーイングドリームライナーに搭乗して広い客室に入ると、非常に魅力的で素敵な飛行機に感銘します。 いろいろな点で搭乗を楽しんでいます。 

composites boeing piloot 1

Roderick Waaijenberg は 8 年間フライトの仕事をしていますが、まだまだ新米だと考えています。 夢はもっと向上することです。 「成長を続けて、ステップアップしていきたいと思います。できれば、ボーイング 787 ドリームライナーの機長になるために」 


オランダ語のビデオをご覧ください。

txtures 2 summer 2015 cover