2015 年夏

新世代のヘリコプター

TenCate Advanced Composites は、Marenco SKYe SH09 軽量ヘリコプターのローターブレードとキャビン用の熱硬化性エポキシ複合材のサプライヤに選ばれました。  Marenco は現在、72 台の SKYe SH09 ヘリコプターの注文を受けています。 ヘリコプターは、全体が複合材でできています。  Marenco Swisshelicopter が TenCate 素材を選んだことで TenCate は新たにヨーロッパ拠点の顧客を獲得でき、宇宙船に使用される TenCate の熱硬化性複合材の成長が促進されます。  

スイスのメーカー、Marenco Swisshelicopter が TenCate の高性能複合材を選んだのは、そのデータベース、技術サポート、業績の成果です。 さらに、選ばれた樹脂系は、真空バッグ処理(一般には「脱オートクレーブ(out of autoclave)と呼ばれる)が可能です。 この素材を、高圧のオートクレーブでなく、低コストのオーブンで処理できることにより、製造コストと資本コストを削減できます。

composites marenco 1

Marenco が SKYe SH09 での使用と認定のために選んだ樹脂系は、現在米国の TenCate Advanced Composites が製造しており、当初は米国から供給されます。Marenco の生産速度が向上すると、TenCate は複合材生産を英国のラングレーミルにシフトする予定です。最後は TenCate Advanced Composites UK が TenCate の熱硬化性樹脂の中核的研究拠点になるでしょう。   TenCate Advanced Composites UK は、現在は Formula One、自動車、工作機械、工業市場に複合材を提供しています。 いずれ、米国の TenCate Advanced Composites は航空宇宙用製品の製造をラングレーミルに移管して、ヨーロッパに拠点を置く衛星、レードーム、一般航空機セグメントの顧客に供給することになるでしょう。 

新進ながら急成長している Marenco Swisshelicopter は、数年後には TenCate Advanced Composites の戦略的パートナーになるでしょう。 Marenco Swisshelicopter の創設者兼 CEO、Martin Stucki 氏は、「TenCate は革新をもたらすだけでなく、さまざまな分野の専門技術も提供してくれる」と語っています。 

composites marenco 2
SKYe SH09 は、乗客輸送、監視、消化支援、捜索救助作業などの民間目的に使用される単発ヘリコプターです。 「新世代」である理由は、このヘリコプターが全面的に複合材製で、機体とメインおよび後部のローターブレードが複合材でできているからです。 ローターとは、ヘリコプターの回転翼です。 キャビンは一部分がガラス製で、そこから 2 名のパイロットは眼下の地形状況を、何にも遮られずに見下ろすことができます。 このヘリコプターは長い時間、高い空や薄い空気中で運転でき、マッターホルン(標高 4,478 m)の上空を探索できる救急医療用ヘリコプターです。 

composites marenco 3

ヘリコプターの最高速度は 270 km/時で、航続距離は 800 キロメートルにわたります。  

TenCate Advanced Armour 製の複合素材は、すでにエアバスヘリコプター NH 90、ボーイング V-22 オスプレイ、エリクソン S-64 エアクレーンなど、さまざまなヘリコプタープラットフォームで使用されています。

txtures 2 summer 2015 cover