モビリティポリシー

CSR とモビリティ

TenCate CSR ポリシーは、次に関するポリシーガイドラインを提供します。

  • モビリティ(輸送と物流)

モビリティ

TenCate のモビリティポリシーは、従業員の輸送に加え、世界中の TenCate の生産拠点およびオフィスの内外での原料、製品、関連する物流品の輸送に関係します。 TenCate はこのモビリティの環境に与える影響を減少させることを目指しています。 輸送と物流の仕様を以下に示します。

輸送

TenCate は、従業員の移動回数を減らすことを目指し、通勤と出張を区別しています。

通勤

可能な場合は、職務の性質を考慮したフレキシブルな働き方が尊重されます。 自宅勤務の合意は、管理者が個別に判断します。

  • 好条件を提示して公共交通機関による通勤(2 等車)を奨励する(NL、 Green File を参照)
  • 可能な場合は、十分な駐輪場を提供することで自転車通勤を奨励する
  • 可能であり適切な場合は、長距離通勤者にオフィスまたは生産拠点の近くにある TenCate の社宅を使用する機会が与えられる。 これは個別に判断される

出張

出張は、必要最小限に止めるものとします。例えば、可能な場合は、電話、電子メール、Office Communicator、ビデオ会議、イントラネットを利用します。直接会うミーティングについては可能な限り効率的に行えるように計画します。

  • 可能な場合は、近所の出張に会社の自転車を利用することを奨励する
  • 海外出張でフライトを予約する際には、公共交通機関による出張(2 等車)を奨励する  
  • リース車による出張は、TenCate のリース規則で規制されていて、原則として A、B、または C ラベルの持続可能な選択を提供する 関係するリース会社は、すべてのリースドライバーに適用される CO2 オフセット規則を備えている必要がある
  • 飛行機による出張は、TenCate の出張規則で規制されていて、原則としてエコノミークラスまたはコンフォートクラスのシートの持続可能な選択肢を提供する

輸送

TenCate は、次のことを区別することで輸送回数の減少を目指しています。 

  • 原料の輸送
  • 生産拠点での製品(半製品)の輸送
  • 生産拠点外への製品の輸送
  • 関連する物流品の輸送 

TenCate の各部門がモビリティポリシーのこの部分を詳細に決定します。

Blue fabric (Tecawork Blue 65287)