TenCate の歴史

歴史
会社の歴史は 17 世紀にさかのぼります。 1691 年、Ten Cate 家は英国による輸入関税の増加に関して異議を申し立てました。 最初の公文書は 1704 年までさかのぼり、Ten Cate 家によるテキスタイルの貿易活動を示しています。

2 つの分岐
現在の TenCate は、アルメロとナイフェルダルをそのルーツとしています。 H. ten Cate Hzn. & Co 社は、1957 年までアルメロで独立運営されていました。 Thomas Ainsworth は、1836 年にナイフェルダルに Royal Steam Weaving Mill(KSW)の基礎を築きました。 1957 年、2 人の元同業者が既存の協力関係を合併に変えました。 NV Koninklijke Textielfabrieken ten Cate/KSW が誕生しました。

名称
1982 年に名称を Royal Nijverdal – Ten Cate に変更し、1995 年に Royal Ten Cate nv に変更した後、2006 年に現在の多国籍企業化への最終段階を経て TenCate という短い名称になりました。 

主な歩み

  • 1691 年 Ten Cate 家の名にかけてオーフェルアイセル州政府へ要求を提出
  • 1704 年 H. ten Cate Hzn. & Co 商社初の公文書
  • 1836 年 Thomas Ainsworth、ナイフェルダルに織布工場を設立
  • 1851 年 Salomonson 兄弟、没(1849 年)後にエインズワースの土地を取得
  • 1852 年 Godfried Salomonson、7 月 11 日から「Royal」称号を名乗ることが許可される 
  • 1954 年 KSW、5 月にアムステルダム証券取引所に上場
  • 1957 年 KSW と H. ten Cate Hzn. & Co が合併
  • 1982 年 Royal Nijverdal – Ten Cate nv に名称変更
  • 1991 年 売上高が初めて 10 億ギルダーを超える
  • 1992 年 Royal Nijverdal – Ten Cate nv、傑出した企業家精神により King William I 賞を受賞 
  • 1995 年 Royal Ten Cate nv に名称変更
  • 2000 年 Buy & Build 戦略の導入
  • 2006 年 新しいコーポレートアイデンティティと新しい商業部門構造によるインダストリアルブランディング(リブランディング)プロジェクト
  • 2007 年 TenCate、ソーシャルイノベーションに関してロッテルダム大学の Erasmus Innovation Award を受賞 
  • 1991 年 売上高が初めて 10 億ユーロを超える

Royal Ten Cate と Nijverdal の融合

Blue fabric (Tecawork Blue 65287)