2015 年

24 7月 2015

TenCate が圧縮成形部品を Bell 525 Relentless ヘリコプタープログラムに供給

航空宇宙および工業用途向け高性能複合材の大手サプライヤー、TenCate Advanced Composites は、Bell 525 Relentless ヘリコプタープログラム向け圧縮成形部品の生産を開始しました。 7 月 1 日、このプログラムは初飛行を達成しました。 現時点で、アクセスドアからエンジンルーム壁までの用途で 1 機当たりおよそ 12 の部品数です。

圧縮成形複合材部品は Bell Helicopter メーカーにとってハイグレードで軽量かつコストの少ない素材であるため、複雑な部品を 1 回の成形サイクルで効率的に製造できます。 チョップドカーボンファイバー部品は、Bell Helicopter の、V-22 オスプレイティルト・ロータープログラムを含むさまざまな最先端防衛用途から得た経験を積み重ねています。

TenCate Advanced Composites (米国カリフォルニア州、フェアフィールド)のセールスディレクター、Matt Cano は、 「これは、Bell Helicopter のような業界リーダーが圧縮成形部品を利用して軍事プログラムでコストを節約し、民間プログラムにも応用できる専門技術を開発した非常に良い例です」と述べています。

Bell 525 Relentless は、世界初のフライバイワイヤー商用ヘリコプターの象徴であり、タッチスクリーン式ガラスコックピットが特徴です。 このヘリコプターには、16 人の乗客と 2 名の乗務員が搭乗でき、さまざまなミッションニーズに合わせて構成できます。


TenCate Advanced Composites
フェアフィールド(米国カリフォルニア州)2015 年 7 月 24 日(金)

    
Download: 150724 Press release TenCate Advanced Composites regarding composites for Bell 525 helicopter.pdf
Blue fabric (Tecawork Blue 65287)