バリューチェーンマネージメント

バリューチェーンマネージメント

ビジネスモデル

TenCate のビジネスモデルでは、バリューチェーンマネージメントに重点的に取り組んでいます。 これは、次の 4 つの柱をベースにしています。

  • 技術革新
  • コストリーダーシップ
  • 製品差別化
  • エンドユーザーマーケティング

技術革新

製造業界で長期間生き残るためには、革新的でなければなりません。 TenCate は、テクノロジのリーダーになるべく努めています。 特定の機能的特性と高品質を備えたハイグレード素材の開発と生産は、大規模な開発および生産資源を必要とします。

TenCate が継続している革新的なデジタルフィニッシングの開発で考慮されているのは、将来の製品だけではありません。 既存の製品も、もっと効率よく環境に易しい方法で生産できるようになることでしょう。 TenCate は、顧客固有の要件の予測にも優れています。 そして規模の経済によって、マスカスタマイゼーションとオンデマンドデリバリがまったく別の様相を帯びることでしょう。

コストリーダーシップ

ビジネスエコノミストは、会社は大量生産(コストリーダーシップ)と商品差別化(特殊性)のどちらかを選ばなければならないと長い間主張してきました。 バランスの取れた商品ポートフォリオによって、TenCate は一定の両立を達成できます(二重戦略)。 生産資源を分割できないため、TenCate が競争の中で徹底して専門領域に専念することは、専門領域における十分な臨界量を経時的に得られない限り、ほぼ不可能です。 いままで以上に短い生産ライフサイクルを部分的に考慮して、TenCate は常に大量市場向け製品ポートフォリオの一部分を生産していきます。 それでも、これらの製品は TenCate が追求している高品質基準を満たさなければなりません。

顧客固有の製品と専門領域の割合は、徐々に増えていくでしょう。 これには、販売資源と流通資源の改善が必要です。 効率性と(商品)差別化に特別の注意が払われています。 コスト優位性は、内部で、例えば購買と IT の分野でより協力することにより実現します。 運転資金の管理も、重要な注意領域です。

差別化

TenCate は、機能的素材の開発パートナーとして、長い間市場でよく知られています。 TenCate は、絶え間ない新製品のマーケティングと、その素材の新しい用途開発に積極的に取り組んでいます。 新開発が毎年報告されています。 

市場が変わり、要件がより厳しくなり、法令が変わり、標準がより強化されています。 これらは、素材に機能的特性を適応させたり組み込む重要な理由です。 TenCate にとって、要件が厳しくなることはチャンスともいえます。 製品開発に伴う固定したプロセスでは、商業的要因だけでなく製造可能性と再現性も評価されます。

エンドユーザーマーケティング

TenCate が知りたいのは、エンドユーザーの関心は何か、彼らのニーズと要件は何かです。 そのため、TenCate は従来のサプライヤの役割の外へ踏み出しています。 TenCate は、当社がエンドマーケットに直接接する中で知る難題からインスピレーションを得ます。 これは、TenCate がエンドユーザーと直接取引するという意味ではありません。 

当社は市場に可能性を意識させて、それによりエンドユーザーの仕様、品質基準、機能的要求に影響を与えようと努めるのです。 TenCate が実施する透明的な工業ブランドポリシーでは、具体的な機能的特性が明確に伝えられています。

Blue fabric (Tecawork Blue 65287)