会社展望

TenCate が重視している目標

付加価値

TenCate テクノロジグループの活動を支えている基礎は、現在、特有の能力です。 過去数年間にわたり、高品位特性を備えた機能的なテクニカルファブリックに特化した生産が中心的役割を占めるようになりました。 実際に、TenCate は何世紀にもわたって成功を収めてきた高品位なテキスタイルと押出材の開発、生産、および仕上げに特化し始めました。 新しい潜在的用途と新しい市場は最上とみなされるようになりました。 フォーカス、製品のリニューアル、技術革新、および長期ビジョンがフレームワークを提供しました。 その結果、付加価値の達成が会社の指針になりました。

特有

TenCate では技術クラスタ(セクタ)が形成され、特有の技術に基づいて、原料の購入が集中化されました(購買力)。 同時に、市場分野(市場部門)は関連する製品/市場/技術(PMT)コンビネーションのクラスタで作成され、そこでは関連技術が極めて重要な役割を果たします。 これらの基礎技術は補足的です。

基準

市場分野は、次の基準を満たすように選択されました。

  • 市場成長は 10 %以上になる必要がある
  • 市場の要件は、重要で機能的な特性に基づく
  • 材料の仕様には、国内および国際規格、法律、および規則が該当する
  • 対象市場は参入のしきい値が比較的高い

PMT コンビネーションの既存のクラスタおよび新しいクラスタを通じて、TenCate はグローバルトレンドと開発を追求します。 ソリューションとシステムアプローチ(TenCate ソリューション)が優勢です。

システムアプローチ

ソリューションを探し求め、システムアプローチ(単一製品システム、マルチ製品システム、および統合システム)を運営することで、TenCate は他のテクノロジおよび関連企業とこれまで以上に頻繁に接触するようになりました。 TenCate は、独自の知識と経験がソリューションの一部を形成するオープンな革新的ネットワークで、さらに幅広く活動を展開します。 この結果、新しい PMT コンビネーションと関連する市場分野が創造されます。

テクノロジ

TenCate は、2 つの基礎技術を有しています。1 つ目の技術は、繊維および織物技術に加え、仕上げ技術です。 関連する市場分野は、防護繊維、アウトドア繊維、宇宙/航空宇宙産業向け複合材、自動車製品、装甲板です。 2 つ目の技術は、不織布およびグリッド技術と、押出技術です。 関連する市場分野は、ジオテキスタイル、産業用繊維、および人工芝です。

付加価値

バリューチェーンマネージメントを通じて最大限の付加価値を創造することで、TenCate の戦略のフレームワークを形成します。 TenCate は、ビジネスモデルを適用した独自の強みで運営します。 アウトサイドインの考え方が指針になりました。 システム指向のソリューションは、外の世界の変化し続けるニーズと期待に対する答えを提供します。

エンドユーザーマーケティング

会社が得た専門的知識により、顧客の要求を十分に考慮できます。 TenCate が開発しようとしている各新製品は、一般的な顧客需要や新しい国内および国際規格、法律、および規則に融合させる必要があります。 プル型マーケティングは、初期段階で顧客(エンドユーザー)とともに仕様を作成または開発するのに使用されるセールスツールです。 新しい仕様または既存の仕様に応えられることは、競争力を高める重要なツールです。 ここでの要点は、ブランド戦略、市場投入までの時間(研究開発プロセスを含む)、および市場に該当する仕様に関する規格の作成です。

マーケットポテンシャル

規格は、さまざまな方法で規格に関するエンドマーケット(意志決定部門)に影響を及ぼすか、革新によって新しい規格を作成または施行することで絶えず引き上げることができます。 これには、既存顧客および見込み顧客の両方が革新的な質問と要件で TenCate にアプローチしてくるようになるプラスの効果があります。 マーケットポテンシャルは TenCate のソリューションで重要な役割を果たします。

リスク社会

TenCate が活動を展開している分野は「リスク社会」と言えるでしょう。 グローバル社会のトレンドと派生したマーケットテーマを特に監視することで、当社はそれを取り巻く世界とのつながりを維持できます。 同時に、ソーシャルトレンドとその基礎を成しているテーマによって、特定の材料の需要が高まっています。 TenCate が主眼をおいているグローバルトレンドは、安全、防護、持続可能性、および環境です。 TenCate に重要な市場テーマには、増大した脅威、人的安全、省燃費、環境保護、および水管理が含まれます。

戦略

TenCate のすべての活動は、これらに深く根付き、一貫性があり、ビジョンによって支持されるものでなければなりません。 TenCate の戦略の中核は、Buy & Build コンポーネントと Fix it/Exit(改善/撤退)コンポーネントに基づいています。 これにより先端材料市場に注力します。 TenCate の戦略の前提条件は次のとおりです。

  1. 市場のリーダーシップ(クリティカルマス)
  2. 成長 
  3. バランスのとれた製品ポートフォリオ(例えば、市場シェアと市場成長の 2 つの方向性を持つ BCG マトリクス)

改善/撤退

ハイテク材料(テクニカルテキスタイルなど)に関係しないもの(TenCate の中核事業の一部ではないもの)は、企業戦略の改善/撤退に分類されます。 これらのビジネス部門は、まず健全化されてから売却されます。 それに割り当てられていた財源は、新たな買収に使用されます。

Buy & Build

この戦略コンポーネントの「Buy」要素は、市場のリーダーシップを確立するという任務と TenCate のテクノロジをベースに成長を遂げることによって促進されます。 これには、補足的製品、補足的市場、補足的技術が含まれます。 これは、買収や関係は同じ種類のものではなくなりますが、バリューチェーンでより強い位置を確保する展望を持って、常に明白に何かを付け加える必要性を意味します。 

バリューチェーン

この戦略はバリューチェーンマネージメント、つまり TenCate が活動を展開しているチェーンでのよりしっかりとした支配を必要とします。 これは、クリティカルマスを増加させることで、バリューチェーンのバックエンドでの購買力の強化をもたらします。 バリューチェーンのフロントエンド(TenCate の顧客のお客様)では、商業アライアンス、合弁事業、および買収を通じて、ブランドのポジショニングを高め、付加価値を可視化します。 この戦略コンポーネントの最後の要素は「Build」要素で、先端材料への投資に主眼がおかれます。 この方法で、段階的に新たな道筋がテクニカルテキスタイルにもたらされます。

買収

TenCate は、Buy & Build 戦略の一部として、運営しているバリューチェーンマネージメント内で水平的買収を行うことを目指しています。 当社は、バリューチェーン内で水平的に成長を遂げます。前方統合も後方統合もありません。 同じ関連技術または補足的技術を備えた会社との合弁事業(またはそのような会社の完全買収)は、会社の成長に役立ちます。 バリューチェーンでのその会社の位置が、こうした候補の決定要因になります。 この候補がバリューチェーン内のほぼ同じ部分で活動している場合、TenCate は高い関心を示します。 

隠れた価値

TenCate は数多くの買収を行ってきました。これにより、当社の基礎を成すポジションが強化されました。 TenCate は、隠れた価値を備えた会社を買収することを望んでいて、TenCate が戦略を成し遂げるのに重要であると考える特定の技術のうち、当社がまだ備えていない技術を有している会社を買収します。 非常に明確に余計なコストを合理化して、隠れた性質(特許、ブランド、人員、機械、および生産力)を既存のビジネス部門にリンクすることによって、比較的すぐに利益率の高い販売を生み出すことができます。 

リーダーシップポジション

バリューチェーンでのポジションを管理しているときに、製品の流れと製品がもたらす付加価値に関して会社を評価できます。 これは原料を伴う投入側で開始されます。 リーダーシップポジションから世界中で活動することで、地域の価格差および経済規模によりメリットを得ることができ、購買力を生み出すことができます。

ビジネスモデル

ビジネスモデルでは、製品の差別化とコストリーダーシップは互いに追従します。これは、エンドユーザーのマーケティングと技術革新と同じです。 付加価値が高いほど、TenCate が提供する製品とソリューションの独自性を顧客がすばやく見出します。 コスト管理と製品差別化には、特に相補性があります。純粋かつ単純にコストに注目すると製品の差別化がわずかになり、差別化された製品構成に注目すると生産効率が低下します(少量生産運転、段取り替えコスト、追加の運転資本など)。 

防衛

コストリーダーシップは最後の防御線とみなされ、製品差別化は攻撃的なマーケットアプローチであるとみなされます。 ビジネス部門は、これらの相反する事柄のメリットを比較して評価する必要があります。

基礎

TenCate のビジネスモデルの 4 つの基礎は、次のとおりです(右下から時計回り)。

  1. コストリーダーシップ(社内フォーカス、柔軟性に関連)。 最初の基礎は、コストリーダーシップに関連します。 これは大量生産品と特製品の両方にかかわります。 これにより会社は、コストだけではなく、その生産方法(および関連するコスト)、価格決定方針、プロセスの賢い使用法、物流の編成、環境コストの削減などにも高い意識を持たなければならなくなります。同時に、拡大している製品、開発製品、および排除製品で、バランスのとれた製品ポートフォリオが維持されるようになります。
  2. 製品差別化(社外フォーカス、価値提案に関連)。 これは TenCate の戦略における攻撃的な要素であり、製品ライフサイクルに密接に関連付けられています。 この戦略で、会社は新製品の迅速な市場投入を求められます。実際には、拡張製品が最終的に商品になるためですが、高い品質、独自の特性、特有の能力、低価格、高い市場シェアが遅かれ早かれ低下してしまいます。 製品差別化とコストリーダーシップの優れたバランスをとるための前提条件は(ソーシャルイノベーションを通じた)柔軟な組織です。 日常的に「有効性」(正しいことを行う)を「効率」(正しく行う)に結びつけることが重要です。 これは高いモチベーションを持ち続けることにほかなりません。
  3. エンドユーザーマーケティング(社外フォーカス、マーケットプルに関係)。 ここでの基本方針は、市場に製品を「プッシュ」することではなく、エンドユーザーが需要を作り上げることができるようにすることです。 これは適切な人や機関に製品を設定する専門販売です。 これは、市場での製品の可視性を高めるマーケティング戦略と組み合わせる必要があります。 これに含まれる活動の 1 つとして、TenCate ブランドアーキテクチャに従って熟慮されたインダストリアルブランディングで、これによりコーポレートブランドと、それに合った製品ブランドの両方の存在を明白に示します。
  4. 技術革新(社内フォーカス、創造性に関連)。 技術革新とプロダクトイノベーションは同じではありません。 将来を守るためには、画期的な技術革新が必要です。 技術革新によって既存の製品をさらに開発することは不可欠であり、アクティブな知的所有権方針(特許、製法)の重要性を認識しなければなりません。 買収により TenCate は、市場でのポジションを強めたり、関連する PMT コンビネーションを生成する技術を取得できるようになります。
Blue fabric (Tecawork Blue 65287)