会社展望

TenCate のこれまでの歩み

Royal という名称

TenCate の歴史は 1704 年までさかのぼります。 TenCate は、テキスタイル製品の商社として事業を開始しました。 当時のテキスタイル生産の革命的な産業化が認められて、1852 年 7 月 11 日に「Royal」という名称が与えられました。 TenCate は、英国の蒸気技術など、オランダ国外で使用されていた技術をその時すでに吸収することができました。TenCate はオランダ国王 Willem 3 世の指摘によってこの技術に注目するようなりました。

株式上場

2 つ目の重要な年は 1957 年で、この年に TenCate は同族会社ではなくなり、KSW と合併しました。 そして同社はアムステルダムの株式市場に上場しました。 KSW は、1954 年 5 月にすでに上場していました。 上場に伴い、この合併会社は今日の多国籍企業にとっても重要である国際化のプロセスを開始しました。

転換期

1990 年代の後半に、TenCate は、多様化とすべてのテキスタイル活動の縮小に基づいていたその時点の戦略を放棄しました。 その後、ビジョン、任務、戦略、構造、およびこの戦略の実装と運用に関して完全な転換を開始しました。

取引縮小

1990 年代初頭、TenCate では消費者向けのテキスタイルがまだ中心的な役割を果たしていました。 それに先立つ数年間、TenCate は多様化の結果、本業を見失いました。 さらに、そのときに活動を行っていた多くのバリューチェーンで取引が縮小されました。 TenCate の付加価値が不十分であることと、特有の能力が限られていたため、サプライヤと顧客が離れていきました。

クラフトマシップ

過去に、会社は生産優勢のアプローチと運営で苦しみました。 クラフトマンシップが不可欠な要素でした。 TenCate は繊維、紡績糸、織物、仕上げなどに関する必要な知識とスキルをすべて持っていましたが、顧客が TenCate の製品をどのように見ているかを十分に認識していませんでした。 このインサイドアウト的な考え方により、TenCate が汎用品であるとみなしている製品も、顧客は特製品とみなすようになります。

市場フォーカス

一方、新しい戦略的方向は、テクニカルテキスタイルのニッチ市場でのリーダーシップを確立することに基づいていて、これに関して TenCate はテキスタイルの工程および製法の知識と経験により付加価値を提供することができます(市場フォーカス)。 もう一方で、グローバルなバリューチェーンコントロールをベースにしたマネージメントモデルの導入があります。 この活動領域は、現在、材料技術の分野に移行していて、これはより新しい先進のテキスタイル材料が作成されることに基づいています。 これこそが、TenCate に革新的な特性を与えるものです。

成長市場

10 年後に、TenCate はグローバルトレンドを反映する活動の新しいビジネスプラットホームを開発しました。 市場は社会的なテーマと開発に従います。 TenCate はグローバルな成長トレンド主体の成長市場で主に活動し、TenCate の Buy & Build 戦略はこれを反映します。 この戦略は、戦略的プロセスの改善/撤退コンポーネントによって部分的に管理されていました。 この結果、1990 年代初頭以降、TenCate は新しい市場フォーカスの一部としてテキスタイル以外の活動を放棄しました。

ソーシャルイノベーション

この革新的なアプローチにより、TenCate の技術革新とソーシャルイノベーションの融合方法が認められ、2007 年にエラスムス・ロッテルダム大学の Erasmus Innovation Award を受賞しました。 審査員の意見として、TenCate は革新と効率が中心的役割を果たす企業家精神と長期的目標の独自の形態として特徴付けられることが挙げられています。

Blue fabric (Tecawork Blue 65287)