会社展望

企業家としての TenCate の表明

総合的

TenCate の執行委員会は、会社の運営の監督および管理に関して重要な役割を担っています。 日々の業務の進捗は、絶えず総合的な企業戦略に組み込まれ、バリューチェーンマネージメントビジネスモデルは組織にしっかりと組み込まれ、経営情報システムの一部を形成しています。 多国籍企業の組織はフラットです。命令系統は短く、フレキシブルで変化にすばやく対応可能なグローバルな組織です。

ハイエンド

TenCate の文化は、起業家としてオープンかつ批判的な面を持ち、創造性とリニューアルをリードする環境(ソーシャルイノベーション)であると定義できます。 秘訣は、それらが戦略と一致し、それらに十分なマーケットポテンシャルがある限り、さらなる展開のための適切なアイデアを選択することです。 ここで、顧客需要と市場変化が重要な役割を果たします。 キーワードは、健全さ、要求仕様、納期の信頼性、および高品質な製品です。 

コーポレートアイデンティティ

根本的なリブランディングにより、製品とブランドの総合的な単一構造で機能します。 これは会社のアイデンティティを強化し、イメージを向上させ、優れた評判を守りました。 積極的な方法で市場に広められ、組織全体に良好な影響を与えます(社内ブランディング)。 市場での可視性が大幅に向上し、結果としてコーポレートアイデンティティの認知度が向上し、取引量が増加し、M&A 市場での地位が向上しました。

価値の創造

株主の利益を創造することは、当社の基礎を成している動機です。 アクティブな投資家向け広報活動(IR)ポリシーを通じて、TenCate の経営陣は投資家、アナリスト、既存および潜在的な株主など、多数の利害関係者と密接な関係を保ちます。

主力製品

TenCate には、量が多く比較的高い利幅の主力製品がいくつかあります。 これらに関してさらに強調すべき点があります。 これは、優れた集中力と市場への深い浸透、機能特性への特化、最高のマーケティング、顧客重視、納入実績、研究開発、事業開発、技術などを意味します。

総合的なフォーカス

ここで重要なことは、エンドユーザーマーケティングがどこで終わり、前方統合がどこで始まるかということです。 会社は、B2B 市場に過度の自社ブランドを持ち込んだり維持することを回避する必要があります。 有名な消費財メーカーはこのことを熟知しています。 これには企業の集中力が求められます。 TenCate とマーケットグループは、特有の存在になること、そしてそうあり続けるように努める必要があります。

Blue fabric (Tecawork Blue 65287)